ぼくが学生時代に一心不乱になったことはバイオリンだ。ちっちゃい辺りから手下が巧妙でピアノも笛も何も応戦零にすらすらといった弾くことができていたぼくが唯一弾けなかった代物、それがバイオリンでした。バイオリン自体はハイスクールのときに出会い、弦楽部に参加したのがきっかけです。アマチュアのみの業者だった結果はじめ曲にかけるレッスン時は半年から1時期ほどで、ゆっくりと着実にレッスンを通じて嬉しい生活でした。但し学生になりオーケストラに入るという人生は豹変。まず譜読みが他のメンバーに追いつきませんでした。皆さん小さい辺りからバイオリンを習ってあり、ハイスクールから始めたのは私一人だけで自分のキャパシティーの無さにもの悲しい望みを何度も積み増しました。ですが今までさっと頑張れば大抵のことができていたぼくにとりまして努力して努力して結果を出すというキャリアは初めてのキャリアであり、とても新鮮な代物でした。何よりもミスなく弾けたときの自分がオーケストラの仲間になれたという気持ちは今でも忘れられません。只卒業するまでオーケストラに参入し、社会人になった現在でもバイオリンは続けてある。おすすめはこちら!